美容外科 口コミ評判 おすすめの人気ランキング順位
 
    美容外科-net TOP > ゲンタシン軟膏の効能 ゲンタシン軟膏とは
 

     
  ゲンタシン軟膏の効能 ゲンタシン軟膏とは  
 
ゲンタシン軟膏の実寸は写真よりも少し大きいです。
 

ゲンタシン軟膏1mg (ゲンタシンクリーム)

Gentacin Ointment

色・形・記号

軟膏 : 白 〜 微黄白色半透明

組成成分

軟膏1mg中 日局(日本薬局方) ゲンタマイシン硫酸塩1mg (力価)

使用方法

患部を清潔にした後、1日1〜数回塗って下さい。

または、無菌ガーゼ等にのばして貼付して下さい。

注意事項

眼科用としては使用しないで下さい。

発疹、痒み(かゆみ)等の過敏症状や、気になる症状が現れた時は、医師か薬剤師に相談して下さい。

効能

細菌を殺す薬です。抗生物質で強い殺菌作用があります。皮膚からの各種細菌感染を防ぎます。

にきび治療や火傷(やけど)の処置などを含めて幅広い治療に使われています。

価格

¥300円 (患者負担割合が30%の場合)


処方されたゲンタシン軟膏は通っている美容外科クリニックのすぐ近くにあった薬局で¥300円で入手しました。

透明で粘着性の高い軟膏ですね。塗ってみると、いつまでも乾かないで、ずっとベタベタしている感じです。

ありがたいお薬ですが、私は家にいる時以外は、なるべく使わないようにしています。

ほくろを除去した部分の凹み(くぼみ)の底が赤みを帯びている間は使いますが、

ピンク色になってきたらやめようと思います。早く凹み(へこみ) が治るといいんですけどね。


※追伸

ほくろレーザー治療後、5日間は、ゲンタシン軟膏を塗っていましたが、凹みの底がピンク色になってきましたので

塗るのをやめました。

※追伸、その2

治療後 14日 (4つのほくろ跡の状態写真画像参照) から約1ヵ月後ですが、化膿も皮膚感染症もありません。

使用期間に問題はなかったようです。


 美肌&美顔 体験談ブログ TOP  美容外科-netのトップページに戻る 


ゲンタシン軟膏の効能 にきび治療や火傷(やけど)の処置など

運営管理 |Cosmetic Surgery Consultation|

Copy rights (c) 美容外科-net All rights reserved.

著作権法により掲載の情報・画像等、すべてのコンテンツの複写・転載を禁じます